村竹

2022.08.22

広島で身近にある有名建築 これから見てみたいもの

今回は前回に引き続きですが、広島にあるこれから見てみたいものをお伝えしようと思います。

 

  • リボンチャペル 設計:中村拓志さん

リボンチャペルは尾道にあるリゾートホテル内に位置するチャペルになります。

建物は写真で見ていたので知っていたのですが、尾道まで行くことがなかなかなく、これから見に行きたい建物になります。中村拓志さんの建築は学生時代から興味を持っていてその影響からか見てみたい思いも一際です。

 

  • ホロコースト記念館 設計:UID 前田圭介さん

ホロコースト記念館は福山にあるユダヤ人迫害についてなどを展示している記念館になります。このホロコースト記念館で前田さんは国際建築賞を受賞されています。

福山に事務所を構えており、広島にもいくつも建物を設計されています。

私が卒業した広島工業大学の教授をされていたこと、大学の同級生が務めているらしいということで勝手に親近感が湧いています。

 

  • 環境局施設部 中工場 設計:谷口吉生さん

中工場は広島市中区吉島にあるゴミ焼却場になります。

ゴミ焼却焼却場とは思えないガラス張りの内観をしています。学生時代に見学ツアーを学部で計画していたのですが参加出来ずに結局見られず仕舞いになってしまいました。

 

  • なぎさ公園小学校、なぎさ中学校・高校 設計:村上徹さん

これはこの場に挙げていないと怒られると言いますか。

学生の時に実際に教えていただいた村上先生が設計された学校になります。私が今のまま子供に戻れるとするならばここに通いたいと言うと思います。いわゆる学校の雰囲気とは一線を画しています。百聞は一見にしかずということで、学校のHPに入ると校舎のパノラマビューが見られるようになっています。コンクリート打ちっぱなしの校舎がとてもかっこいいです。

 

  • 認定蔵迫こども園 設計:窪田勝文さん

蔵迫こども園は北広島町蔵迫にあるこども園になります。

私の実家が北広島町大朝で、帰省の道中にちらっと見えるこども園になります。

打ちっぱなしの建物で何かあるなとは思っていましたが、まさかこども園とは、というような外観をしています。開放感があり、子供が走り回れるような設計になっています。

まだまだ切りがないぐらい行きたいところはありますが文章ばかりになってしまうのでこの辺で。多方面から刺激を受けるという点で、これからも広島の建築の動向は探っておきたいところですね。

それぞれ設計された方のHPより見ることができますので、気になった方は是非。